インフルエンザを予防する方法|個人の意識が大切です

アルコール消毒をしよう

メンズ

毎年多くの患者を出しているインフルエンザは、事前の予防で発症を防ぐことができますが、一番効果のある外出しないという予防方法だと、日常生活を送ることが難しくなります。外に出てもこまめに手洗いができれば問題はありませんが、外で用事をこなしていると手洗いをする暇がありません。そこで、最近多くの人が実践している予防方法がアルコール消毒です。スーパーや会社などの入り口にプッシュ式のアルコール消毒を置いておけば、室内に入る前に手の消毒が簡単に出来て、病気の持ち込みを防ぐことができます。また、置くタイプ以外に携帯用の消毒シートなどもあり、外出していても気軽に手を綺麗することができます。また、たくさんの人が利用するトイレで手を洗った後に蛇口を触ると、再びウイルスを付着させてしまうので、わざわざ手を洗わなくてもよいアルコール消毒はいつでも利用できる予防方法です。

アルコール消毒の製品は数多く販売されていて、薬局や通販などで購入することができます。洗い流すための水も必要ない上にタオルもいらないので、小さい子供や高齢者でも負担なく手の消毒ができます。このようなアルコール消毒と平行してマスクの着用や室内の温度や湿度の調整を行なえば、ウイルスを撃退する効果をより発揮するでしょう。さらに、個人で出来るインフルエンザ対策に加えて、病気が流行する前に医療機関で行なわれている予防接種を受ければ、体の外だけではなく内側からもウイルスの侵入をシャットアウトできるので、子供がいる家庭は病気が流行する二週間以上前にはワクチン摂取をしましょう。

自分で出来る病気対策

ウーマン

インフルエンザは毎年流行する風邪に似た症状を持つ病気です。発症すると高熱や関節の痛みなどの症状が現れて学校や仕事にいけなくなるので、事前の予防が大切です。手洗いやマスク着用などを積極的に行ないましょう。

詳細へ

食事の改善をしよう

ウイルス

インフルエンザの予防には手洗いやマスク着用が推奨されていますが、食事の改善でも感染予防ができます。栄養をしっかり摂取して体の免疫力を上げる事で、万が一ウイルスが体内に入ってきても重症化を防げます。

詳細へ

感染経路を知る

マスクの人

インフルエンザの予防方法を考える前に、ウイルスの感染経路を知ることが大切です。どのようにして病気になるのか知っておけば、感染しないための効果的な対策方法を考えることができるでしょう。

詳細へ